読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SV法の説明みたいなもの

KeySAVは知ってる人向け(というか自分用)に手順しか書かなかったので、そもそもあれを何のために使うのか?という説明。
KeySAVの使い方はこちら

SVとは?

Shiny Value の略で、色違いになるための値(0~4095の4096通り)。
ポケモンに存在するSV(PSV)とトレーナーに存在するSV(TSV)があり、この2つが一致すると色違いになる。これらは固定されていて、後から変更することはできない。
例:TSV1000のトレーナーがPSV1000の野生ポケモンと出会う→色違いになる みたいな。

TSVとかPSVってどうやってわかるの?

ツール(上記KeySAV)を使って解析する。
上の記事ではTSVについて触れていないが、9番の鍵作成のところで自分のTSVがわかる。

PSVわかっても変えられないならどうしようもなくね?

KeySAVでは「タマゴの個体値PSVを解析」できる。
タマゴを解析する→理想値のタマゴのPSVをメモしてとっておく→同じTSVを持つ人が現れたら孵化をお願いする
という流れを踏むことで、色違いのポケモンをゲットできる。

同じTSVを持つ人ってどうやって見つけるの?

SV値共有シート等を利用する。
現在2000強の登録があり、単純計算でほぼ1/2の確率で相手が見つかる。もちろん他人に孵化をお願いすることになるので、連絡の際は奥ゆかしく。また、自分が頼まれる側になったら快く受け入れよう。

見知らぬ人に頼むの怖い

基本的にtwitterアカウントでやりとりしているはずなので、不安なら他の人とのやり取りを見てみるとよい。
それでも不安なら諦める。