読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優しい世界



動画サイトと、著作権保持者の提携は素晴らしいという話。
合唱始めてから更に思うようになりました。

何か歌う以上は当然歌う曲を決める必要があるんですが、そもそも音源がないと曲に辿りつく方法が非常に限られてしまうんですよね。どこかしらの演奏会に行っていいなと思った曲にするとか、作曲家から辿ってとりあえずCDや楽譜を買ってみるとか。
どちらの方法もコストがかかるし、自分の知ってる世界だけに閉じやすいです。

その点youtubeはすごくて、世界中の団体が自分の演奏をupしています。
コストもネット環境さえあればかからないし、自分がいいと思ったものはすぐSNSで宣伝できます。結局自分の知ってる範囲で閉じる可能性はもちろんありますが、上の方法よりもよっぽど広いはずです。


たまに聞いてみたいと思った曲が新しい曲やマイナーな曲で、検索しても見つからないこともあります。そうなるとかなり絶望するのですが、著作権契約がないとこれがすべての楽曲に適用されたディストピアがあったのかなぁ、とふと思いました。
こういう提携がどんどん進んでいってくれるととても嬉しいですね。


あとこれは全く関係ないし著作権的にはダメダメなんですが、昔の面白い番組(笑う犬とか)の1コーナーを見て、「懐かしいwww」ってみんなで笑えるのはいい世界だなぁと思います。